子どもコミュニケーション学科

教育者・保育者として
高度な専門性が身につく2つの専攻

子どもコミュニケーション学科は、高い専門性と実践力を備えた教育者と保育者を育成する学科であり、「子ども教育」とその関連諸領域について深く専門的に学ぶために「幼児教育・保育専攻」と「小学校・特別支援教育専攻」があります。子どもはもちろん、保護者や子育てに関わる地域の人々との円滑なコミュニケーション力を身につけた教育者と保育者を育成することを目指します。

2つの専攻

幼児教育・保育専攻

高度な専門性とリーダーシップを身につけた保育者になる

幼児教育・保育専攻

小学校・特別支援教育専攻

実践力の優れた小学校教員・特別支援学校教員になる

小学校・特別支援教育専攻

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  1. 1.大学での学修にふさわしい基礎学力を有し、教育・保育に強い関心を持つ者
  2. 2.教育・保育の抱える諸課題の解決及び発展に寄与することに使命を感ずる者
  3. 3.コミュニケーション能力の向上に意欲を持ち、教育・保育に関して創造性豊かで行動力のある者

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

  1. 1.「教育・保育実践」を通して豊かな人間性を涵養するとともに、責任ある自己実現力を修得する。
  2. 2.教育・保育に関する幅広い教養と専門的知識・技能に習熟し、それらを活用して課題を解決していく判断力・創造力・実践力を修得する。
  3. 3.子どもにかかわる協同的な活動をする中で、多様なコミュニケーション能力を高め、リーダーシップを発揮する力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1.高潔な倫理観に立って、慈愛をもって子どもとかかわることができる豊かな人間性を身につける。
  2. 2.変革する教育・保育、子ども社会に対応できる幅広い教養と実践力を活用して、課題解決できる力を身につける。
  3. 3.教育・保育現場における「実践練磨」の場に生きる共生協調能力を身につける。

学生の声

学びながら、体験しながら、将来の目標を見つけられました。初等教育専攻3年/杉山 和香菜(静岡城北高等学校出身)

子どもに関わる仕事に就きたい。そう考えてはいましたが、高校3年生になっても目標を絞り切れずにいました。そんな時に、小学校と特別支援学校、幼稚園と保育園の先生の資格を取得できる浜松学院大学を知って進学を希望しました。それぞれの現場を体験した今は、小学校と特別支援学校の教諭、2つの資格取得を目指しています。まだ夢が定まっていない人も、本学なら選択肢を広く持って、学びながら決めていくことができます。先生方はもちろん、職員の方々も親身になってくれるので安心ですよ。

杉山 和香菜

毎日、夢に近づいている。そう実感しながら成長できます。幼児教育・保育専攻2年/鈴木 美琴(静岡県立伊豆中央高等学校出身)

私の夢は認定こども園で、様々な子どもたちの成長を支援することです。そのために幼稚園教諭と保育士、特別支援学校教諭の3つの資格取得を目指しています。浜松学院大学なら、複数の資格が取得できると知って、一人暮らしも決意しました。本学では座学や実習など、目指す目標に合わせた専門的な指導が受けられます。ピアノ初心者の私も、小人数制ならではの丁寧なレッスンのおかげで、楽しく演奏できるようになりました。子どもと関わる仕事に興味がある人には、自信を持ってお薦めできる大学です。

鈴木 美琴