卒業生の声

地域共創学科

日本マクドナルド株式会社グローバルコミュニケーション専攻/伊藤 ケビンさん(浜松学院高等学校出身)

本学を志望した一番の理由は長期企業内留学のカリキュラムがあったからです。3か月間、企業に留まりビジネスの現場で研修を行った結果、仕事への意識も高まりました。また夢だった語学留学も、在学中に経験。英語力が自分のセールスポイントになりました。希望の企業に内定をいただけたのは、キャリア支援グループや教授のサポートのおかげです。多くの方々への恩返しの意味で、将来は社長を目指します。

伊藤 ケビン

浜松いわた信用金庫地域政策専攻/小野 雅貴さん(浜松学院高等学校出身)

故郷の浜松をより良くするという夢のために本学に進学。遠州人物論や多文化共生論などの講義で浜松をより深く知れただけでなく、学内外の実践的な活動を通して自主性が身につきました。就職活動では徹底した就職支援を受けられたので、自信を持って試験や面接に臨むことができました。4年間の経験を活かして、地域のさらなる発展に貢献したいです。

小野 雅貴

スズキ株式会社地域政策専攻/仲村 咲美さん(静岡県西遠女子学園高等学校出身)

大手で働くという考えがなかった私に、キャリア支援の方が薦めてくれた企業が「スズキ株式会社」。誰もが知る超大手企業です。とても驚きましたが「地元」「事務職」という私の希望にピッタリ。以前なら尻込みしていたはずですが、長期企業内留学で勇気を出して動く大切さを痛感していたので、挑戦することができました。日々一生懸命にがんばります。

仲村 咲美

浜松市役所地域政策専攻/野栗 綾乃さん(静岡県立浜松湖北高等学校出身)

公務員試験は、解き方を知らないと答えられないような問題があるので、試験対策の講座はとても役立ちました。また通常の講義や学外プログラムでも、行政の基本的な知識に加えて、地域に関するプラスアルファの知識・経験を得る機会が多かったので、市職員を目指すうえで大きなアドバンテージになったと思います。子どもたちの成長を支えることが目標です。

野栗 綾乃

子どもコミュニケーション学科

浜松市発達支援推進教員初等教育専攻/鈴木 駿太朗さん(静岡県立袋井高等学校出身)

学内には教育現場で活躍されていた先生方が多く、テキストにない学びが参考になりました。また、実習やボランティア活動など、現場の空気を肌で感じ教師としてどうあるべきかを考える機会が多かったことも、採用試験に臨む際の自信につながったと思います。これからはすべての子どもたちに、安心できる居場所、愛着の持てる学校を作っていくことが目標です。

鈴木 駿太朗

静岡県特別支援学校初等教育専攻/志小田 美宇さん(浜松学院高等学校出身)

本学では、教員採用試験対策や面接練習を始めとした全面的なサポートが受けられます。ただ、一番大切なのは自ら積極的に動く姿勢です。顔を覚えてもらう、自分の希望を知ってもらうことで、必要な情報や支援が得られます。将来の夢は、すべての子どもが力を最大限に発揮して社会参加できる世の中を作ること。そのための支援や指導をしていきたいです。

志小田 美宇

浜松市保育職幼児教育・保育専攻/松山 祐璃さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

1年次からさまざまな園や施設で子どもと関わる機会が多く、その雰囲気の違いも感じていました。就職活動では、自分に適した職場を探すことが大事です。私は公立園での実習で、先生方の手厚い指導を受けて、自分の保育スキルを上げられる場だと考えたことが、公務員試験を受ける決め手になりました。目指すのは子どもだけでなく、保護者にとっても安心感のある保育者です。

松山 祐璃

静岡県小学校教員初等教育専攻/田中 ゆりのさん(静岡県立富士高等学校出身)

数ある教員採用試験に向けての支援の中でも、特に有難かったのは面接練習です。一次試験前から数えきれない練習を繰り返し、沢山のアドバイスをいただきました。子どもとの関わりと同様に、面接も実践が重要だと実感しています。小学生の時の担任の先生がしてくれたように、私も子どもたちが「学校が楽しい!行きたい!」と思えるようなサポートがしたいです。

田中 ゆりの

卒業生卒後支援 アンケート結果