• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

長期企業内留学

3か月間、企業で学ぶプログラム

就職活動の一環として実施されている従来の1週間から2週間のインターンシップとは異なる、産学官連携により地域人材育成を目的とした実践的教育プログラムで、「長期にわたり企業に留まり学ぶ」ことを意味します。3か月間のまとまった期間、企業で学ぶプログラムは全国でも珍しく、県内の大学では初めての試みとなります。このプログラムは2018年度から、本格的に稼働しました。浜松市内を中心とした、さまざまな業種の企業に協力いただいています。

長期企業内留学の流れ

企業研究、コミュニケーション・スキルの養成、マナーに関する講習、実習記録の記入方法などの長期企業内留学を行うための直前指導を行います。実習中は1週間に一度、受講生全員が大学に登校して、企業内留学の状況を報告します。実習は3年次の前期の3か月にわたり一括して実施し、修了者には12単位を授与します。

長期企業内留学で学んだこと(2021年度実施)

株式会社アクティ森

地域共創学科 地域政策専攻4年/丹羽 愛美(浜松学院高等学校出身)

私は将来、地域に寄り添った仕事や直接市民の方々と接することができる仕事に就きたいと考えており、地域政策や地域振興といったことに直接触れることができる㈱アクティ森を実習先として選びました。実習では主に事務所での電話対応や受付を行いました。実際に地域の方々と接することができたり、地域に密着した仕事ができたりと、とても良い経験ができたと感じました。

企業からのメッセージ施設や業務に対する知識の習得と、こちら側が求めていることを理解する能力が高く、自ら進んで業務に取り組んでくれました。また、SNSを使った広告宣伝や、それに対するアイデアには助けられることも多く、私たちも勉強になりました。アクティ森で学んだことは、社会に出たらほんの一部のことでしかないかもしれませんが、ここでの経験を活かし、さまざまな壁を乗り越え、どんどん成長していってください。応援しています。

株式会社アクティ森

曳馬協働センター

地域共創学科 地域政策専攻4年/鈴木 友稀穂(静岡県立天竜高等学校出身)

私が実習先として曳馬協働センターを選択した理由は、さまざまなジャンルの講座が頻繁に開催されており、地域に貢献していると感じたからです。実習では、地域活動団体の活動に参加したり、自治会での会議に参加したりしました。また地域カルテを参考に自分で調査を行い、子育て支援の情報誌を作成しました。今までは課題発見を苦手としていましたが、長期企業内留学で成長できたように感じました。

企業からのメッセージ活動内容のテーマを「子育て支援」に決め、子育て支援に取り組む団体の活動に積極的に参加してもらいました。子育てに関する課題解決の方法などを一生懸命考え抜き、最終的に鈴木さんの視点でまとめた子育て支援情報誌を曳馬地区16自治会に紹介し、各自治会長から高く評価していただきました。この貴重な経験は確実に成長につながります。今後の活躍を職員一同、楽しみにしています!

曳馬協働センター

袋井国際交流協会

地域共創学科 地域政策専攻4年/戸田 瑛巴(静岡県立掛川西高等学校出身)

以前から多文化共生に興味があり、地元である袋井市での多文化共生がどのように行われているのか知りたいと思い、袋井国際交流協会での実習を希望しました。留学の中では、語学教室の準備や事務業務を行いました。長期企業内留学を通して、地域住民との繋がりが非常に重要であること、外国人の方に対する地域住民の理解・協力が必要不可欠であることを学びました。

企業からのメッセージ袋井国際交流協会の活動の中で戸田さんは、4か月にわたり協会事業のほぼ全般について体験することができ、終了時には協会スタッフとして欠かせない存在となっていました。中でも電話問合せへの応対では担当者に代わることなく講座内容の説明を行うことができるなど安心して任せることができました。今後も希望に向けて積極的に取り組んでいってもらいたいと思います。

ナビ個別指導学院
進路・就職