カリキュラム

2年で保育のプロを目指す

基本教育科目

  • 哲学
  • 歴史学
  • 自然科学概論
  • 日本語表現
  • 日本語演習
  • 日本国憲法
  • 英会話I
  • 英会話II
  • ポルトガル語I
  • ポルトガル語II
  • 情報処理Ⅰ
  • 情報処理II
  • 健康・スポーツ科学(講義)
  • 健康・スポーツ科学(実習)
  • 野外教育活動(集中)
  • 総合科目A
  • 総合科目B

1年次専門教育科目

  • 教育原理
  • 保育原理
  • 子ども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 社会的養護I
  • 社会的養護II
  • 発達心理学
  • 保育の心理学
  • 保育・教育課程論
  • 幼児理解
  • 音楽
  • 図画工作
  • 幼児音楽
  • 子どもと運動I
  • 児童文化
  • 器楽演習
  • 子どもの保健
  • 保育実習指導I
  • 保育実習I(保育所)
  • 教育実習

2年次専門教育科目

  • 乳児保育I
  • 乳児保育II
  • 教育社会学
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 教育方法の理論と実践
  • 保育内容総論
  • 健康(指導法)
  • 人間関係(指導法)
  • 環境(指導法)
  • ことば(指導法)
  • 表現(指導法)
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養
  • 幼児音楽教育法
  • 声楽演習
  • 幼児造形
  • 子どもと運動II
  • 幼児音楽表現
  • 幼児造形表現
  • 児童文学
  • 保育相談支援
  • 子ども家庭支援論
  • 子育て支援
  • 特別支援教育
  • 保育者論
  • 障害児保育
  • 青年の心理
  • 教育実習
  • 保育実習指導I
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 保育実習指導II
  • 保育実習II
  • 保育実習指導III
  • 保育実習III
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 算数
  • ゼミナール

基礎的な知識を学ぶ 教育原理

教育や保育が社会とどのように関わって生まれ、営まれてきたのか。また、学校教育や教育思想の歴史的経緯も並行して学びながら、現代的な教育課題について考察していきます。

Student's voice

田中優希さん(浜松湖南高校出身)

授業は保育の歴史や考え方を学部もので、誰が最初に幼稚園を建てたかといったことから始まります。先生のお話は卒業生など保育現場の経験に基づくもので、リアルな事例で大変興味深く、実習や他の授業でも役に立ちます。

子どものココロを読み解く 幼児理解

目の前の子どもの行動から育っていく姿をとらえられるように、発達過程について学びます。生活場面での行動を分析し、細やかに子どもを理解できる力を身に付けます。

Student's voice

小島沙菜さん(浜名高校出身)

子どもたちが普段の生活や遊びの中で成長していく様子を、ビデオ教材などで細かく分析し、発達過程について理解を深めます。発達段階に応じた関わり方、子どもに寄り添った声掛けの仕方などを学ぶことができ、保育現場で必ず活かせる授業です。

支援を要する子どもを理解する 障害児保育

近年は発達障害児や愛着障害等、その特性や症状をしっかり理解することで、個別支援の技術を求められるケースが増えています。様々な障害の理解と支援を深めていきます。

Student's voice

橋本悠衣さん(浜松聖星高校出身)

様々な障害について事例を交えながら学んでいきます。耳の中がどうなっているのか、どのような仕組みで音を伝えるのか。体で覚えることで理解を深めることができました。保育実習でも授業で学んだ知識が役立ち、子どもと触れ合うことができました。

手遊びやリズムで楽しく 幼児音楽

手遊び・指遊びのレパートリーをひろげ、遊びのバリエーションを学びます。また、子どもの発達や季節、行事に合わせた選曲方法、楽器の選び方、奏法、器楽合奏曲の編曲法などを習得します。

Student's voice

松浦永知さん(浜松湖南高校出身)

手遊びはグループで練習したり、発表したりして学びます。最初は、みんなの前で発表することに緊張しましたが、少しずつ笑顔でできるようになり、実習にも活かされています。手遊びを楽しくできたときは、本当に自信がつきます。

作る喜びが想像力を広げる 図画工作

多くの実技体験を通して、材料や用具の使い方を知り、様々なスキルを身に付けます。保育者が物を作る喜びを知り、楽しむことができれば、それが子どもたちにも自然に伝わります。

Student's voice

今釜夏菜さん(浜松学院高校出身)

授業では一人ひとりの子どもが楽しめるような造形遊びをたくさんします。美術に苦手意識があった私にも、何歳にふさわしい遊びなのか、注意する点は何かなどを理解することができました。様々な表現方法やテクニックを学ぶことができる楽しい授業です。

PCの知識とテクニックを磨く 教育方法の理論と実践

メディアやインターネットについて知るとともに、パソコンやスマホを使って保育現場で活用できる教材を作る体験をします。情報社会を楽しく安全に過ごす方法を学びます。

Student's voice

野末七海さん(磐田西高校出身)

授業では1人1台パソコンを使います。パソコンやインターネットの基本的なしくみや、スライドショーの作成など、これから仕事をする上で役立つことばかりです。最後は授業で習ったことを活かして学校生活の思い出を動画にし、成果を発表します。

運動遊びで身体と心を育む 子どもと運動I・II

身近な用具を活用しながら、発達段階に応じた安全な運動遊びの環境設定や適切な指導法について習得。また、グループワークも活用しながら、運動遊びの基礎知識・スキルを身に付けていきます。

Student's voice

柏田遥香さん(浜北西高校出身)

子どもの発育発達を促すような運動指導を実践から学びます。運動遊びを体験する中で、保育者としての必要な知識を学びます。安全性やケガの予測をしながら「子どもが楽しめる運動」を考えることで、視野を広げることにもつながります。

授業とはひと味違う!!ゼミナールで専門分野を磨こう

1年生後期から開始され、少人数で保育・幼児教育の専門分野を掘り下げて勉強します。

ゼミナール一覧(五十音順)

浅井
ゼミナール
子ども・子育て
永岡
ゼミナール
総合表現
平井
ゼミナール
器楽アンサンブル
今井
ゼミナール
遊びの研究
中本
ゼミナール
音楽による表現
松澤
ゼミナール
子どもの健康
坂田
ゼミナール
子どもと福祉
芳賀
ゼミナール
乳幼児の心の育ち
山本
ゼミナール
子どもと情報社会
志村
ゼミナール
子ども・家族への個別支援
橋爪
ゼミナール
環境と保育技術
菅澤
ゼミナール
造形による表現

浅井ゼミナール

子どもを取り巻く環境を考えよう!

子どものつぶやき・態度・行動をどのように受けとめ、どう解釈し、どのように関わればいいかを考え合い、親や保育者の子どもへの言葉がけや、関わりの在り方などを研究します。自分の興味に応じたテーマで研究に取り組みます。

坂田ゼミナール

福祉への理解を深めよう!

坂田ゼミのテーマは「子どもと福祉」です。少子化や児童虐待など、子どもや子育てに関する数々の社会問題への対応が急務となっています。本ゼミではそれらの社会問題について理解し、保育者がどのような役割を果たせるかをゼミ生全員で考えていきます。

志村ゼミナール

「みんなちがって、みんないい」支援を学ぼう!

様々な障害や症状をもつ子どもや、その家族への個別支援に興味のある学生が多く集まっています。各々のテーマの研究、相談支援現場の見学やゼミ合宿を通じ、卒論作成に取り組みます。関西弁の臨床心理士が担当する、笑いの絶えないゼミです。

中本ゼミナール

音楽を保育に活かそう!

イングリッシュ・ハンドベルを使って、保育に必要な音楽表現を研究します。ハンドベル演奏は、演奏者みんなが大切な仲間です。発表会に向けて、仲間と協力して作品を仕上げていく素晴らしさや楽しさを体験していきます。

平井ゼミナール

子どもが喜ぶ 音楽表現を研究しよう!

平井ゼミでは、器楽合奏を中心とした音楽表現について研究しています。音楽表現は、曲目や演奏形態、演出を工夫することで、子どもたちに喜びを味わわせることができます。ゼミ生の仲間と意見を出し合いながら、効果的な音楽表現を工夫しています。笑顔あふれる楽しいゼミです!