カリキュラム

2年で保育のプロを目指す

カリキュラム一覧

基本教育科目

  • 哲学
  • 歴史学
  • 自然科学概論
  • 日本語表現
  • 日本語演習
  • 日本国憲法
  • 英会話I
  • 英会話II
  • ポルトガル語I
  • ポルトガル語II
  • 情報処理Ⅰ
  • 情報処理II
  • 健康・スポーツ科学 (講義)
  • 健康・スポーツ科学 (実習)
  • 野外教育活動(集中)
  • 総合科目A
  • 総合科目B

1年次専門教育科目

  • 教育原理
  • 保育原理
  • 子ども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 社会的養護I
  • 発達心理学
  • 保育の心理学
  • 保育・教育課程論
  • 幼児理解
  • 音楽
  • 図画工作
  • 幼児音楽
  • 子どもと運動I
  • 児童文化
  • 器楽演習
  • 子どもの保健
  • 保育実習指導I
  • 保育実習I(保育所)
  • 教育実習

2年次専門教育科目

  • 乳児保育I
  • 乳児保育II
  • 教育社会学
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 教育方法の理論と実践
  • 保育内容総論
  • 健康(指導法)
  • 人間関係(指導法)
  • 環境(指導法)
  • ことば(指導法)
  • 表現(指導法)
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養
  • 幼児音楽教育法
  • 声楽演習
  • 幼児造形
  • 子どもと運動II
  • 幼児音楽表現
  • 幼児造形表現
  • 児童文学
  • 算数
  • 保育相談支援
  • 子ども家庭支援論
  • 子育て支援
  • 特別支援教育
  • 保育者論
  • 障害児保育
  • 青年の心理
  • 教育実習
  • 保育実習指導I
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 保育実習指導II
  • 保育実習II
  • 保育実習指導III
  • 保育実習III
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • ゼミナール

授業紹介

基礎的な知識を学ぶ 教育原理

教育や保育が社会とどのように関わって生まれ、営まれてきたのか。また、学校教育や教育思想の歴史的経緯も並行して学びながら、現代的な教育課題について考察していきます。

Student's voice

伊藤礼奈さん(浜松市立高校出身)

あえて少し不便な環境に置いて、子どもが考えながら行動できるように導いたり、年齢や障害の有無で区別せず一緒に育てて、思いやりや挑戦心を育んだり。様々な教育法があると知り、関心が高まりました。参考にしながら子どもと向き合いたいです。

子どものココロを読み解く 幼児理解

目の前の子どもの行動から育っていく姿をとらえられるように、発達過程について学びます。生活場面での行動を分析し、細やかに子どもを理解できる力を身に付けます。

Student's voice

森嶋ゆかさん(浜松南高校出身)

授業では年齢ごとに異なる子どもの発達を、心・体・言葉など様々な視点から学びます。特に3歳から5歳の間の成長で顕著に表れる発達の違いに驚きました。実習の際に、子どもの発達状況や心情を理解するために、学んだ知識がとても役に立っています。

福祉問題や法制度を理解する 子ども家庭福祉

この講義では、子どもを取り巻く福祉問題や関連する法制度について、また子どもや家庭への援助について学びます。福祉職である保育士に必要な知識の習得を目標とします。

Student's voice

片野田奈美さん(浜名高校出身)

子どもとその家庭が抱える課題、児童養護施設や乳児院の役割などを学び、保育士や幼稚園教諭のチカラが必要とされる場がたくさんあることを知って仕事への意識が高まっています。また、将来自分がどのような保育をしたいのかを、考えるキッカケにもなりました。

手遊びやリズムで楽しく 幼児音楽

手遊び・指遊びのレパートリーをひろげ、遊びのバリエーションを学びます。また、子どもの発達や季節、行事に合わせた選曲方法、楽器の選び方、奏法、器楽合奏曲の編曲法なども習得します。

Student's voice

木村ひまりさん(西遠女子学園高校出身)

手遊び・指遊びのレパートリーを増やすために自分で調べたり、グループで練習したり。他グループの発表を見て、自分たちとは違う考えにもふれられるので、保育のタネを増やせます。人前で発表する機会も多いので、技術も自信も高めることができますよ。

作る喜びが想像力を広げる 図画工作

多くの実技体験を通して、材料や用具の使い方を知り、様々なスキルを身に付けます。保育者が物を作る喜びを知り、楽しむことができれば、それが子どもたちにも自然に伝わります。

Student's voice

内山依央菜さん(浜名湖南高校出身)

小麦粉や食紅、塩などの食品を使って絵具や粘土が作れることに驚きました!これなら、万が一口に入れてしまっても安心です。このように図画工作の技術だけでなく、子どもの安全を確保しながら、作る楽しさや喜びを伝える方法を学べる授業です。

PCの知識とテクニックを磨く 教育方法の理論と実践

メディアやインターネットについて知るとともに、パソコンやスマホを使って保育現場で活用できる教材を作る体験をします。情報社会を楽しく安全に過ごす方法を学びます。

Student's voice

倉橋芹奈さん(浜北西高校出身)

これからの保育の現場では欠かせないパソコンの活用の仕方について、1から教えてもらえます。様々なソフトを使って、園だよりを作ったり、簡単なゲームのプログラミングをしたり。できることが増えるたびに、やりたいことも増えていきますよ。

運動遊びで身体と心を育む 子どもと運動I・II

身近な用具を活用しながら、発達段階に応じた安全な運動遊びの環境設定や適切な指導法について習得。また、グループワークも活用しながら、運動遊びの基礎知識・スキルを身に付けていきます。

Student's voice

松田さくらさん(浜松学院高校出身)

コロナ禍ということもあり、主に「密になること」を避けたふれあい方を学びました。フラフープを使ったドッジボールなど、密を避けながら子どもが楽しめる遊びを体験。状況に合わせて工夫することの大切さを、改めて学ぶことができました。

授業とはひと味違う!!ゼミナールで専門分野を磨こう

1年生後期から開始され、幼児教育・保育の専門分野を少人数で掘り下げて研究します。

ゼミナール一覧(五十音順)

今井
ゼミナール
遊びの研究
志村
ゼミナール
子ども・家族への個別支援
芳賀
ゼミナール
乳幼児の心の育ち
北本
ゼミナール
心と身体の成長と発達
菅澤
ゼミナール
子ども造形表現
松澤
ゼミナール
子どもの健康
坂田
ゼミナール
子どもと福祉
永岡
ゼミナール
総合表現
山本
ゼミナール
子どもと情報社会

甲賀ゼミナール

子どもの姿から「保育」を考える

子どもの興味や関心を読み取り、そこから援助の可能性を探るのが保育です。ゼミでは、保育園や幼稚園を訪問して、子どもや保育者から学ぶことを大切にしています。そこで学生が拾い上げた子どもの姿を紹介しあったり、記録を踏まえて保育について語り合ったりしながら、楽しく学んでいます。

坂田ゼミナール

福祉への理解を深めよう!

坂田ゼミのテーマは「子どもと福祉」です。少子化や児童虐待など、子どもや子育てに関する数々の社会問題への対応が急務となっています。本ゼミではそれらの社会問題について理解し、保育者がどのような役割を果たせるかをゼミ生全員で考えていきます。

菅澤ゼミナール

子どもが楽しめる造形表現を研究しよう!

菅澤ゼミでは、「子どもと造形表現」をテーマに活動しています。実際に子どもたちと造形活動を通して関わることで、環境構成や導入方法、造形活動時の子どもへの声かけなどを考えていき、造形表現の楽しさを子どもたちに伝える技術を身につけていきます。

志村ゼミナール

「みんなちがって、みんないい」支援を学ぼう!

様々な障害や症状を持つ子どもや、その家族への個別支援に興味のある学生が多く集まっています。各々のテーマの研究、相談支援現場の見学やゼミ合宿を通じ、ゼミレポート作成に取り組みます。関西弁の臨床心理士が担当する、笑いの絶えないゼミです。