3つのポリシー

アドミッションポリシー

求める

子どもが好きで、保育者になりたいという熱意を持ち、保育者になるために必要な力を身につける努力ができ、基礎的な学力を持っている学生を求める。

カリキュラムポリシー

育てる

建学の精神である「誠の精神」即ち、「誠を興し、誠に行動し、誠をあまねくする」に基づき、広い視野を持ち、子ども理解と保育・幼児教育の理論、障がい児理解と福祉の理論、さらにこれらを基礎にし、幼児を指導・援助できる多様な技術と実践力を身につける学生を育成する。

ディプロマポリシー

送り出す

建学の精神に基づき、保育者としての理論と技術や実践力を身につけ、保育職への責任と誠実さを持ち、協力して仕事が出来る社会性、何事にも挑戦する向上心や人間としての豊かさを持っている人材を輩出する。