学校法人興誠学園 浜松学院中学校・高等学校

サイトマップ | お問い合わせ


浜松学院ニュース

浜松学院ニュース > TOPICS > 【中学】月曜7限は道徳!

【中学】月曜7限は道徳!

2020年06月30日(火)
新しい週がスタートしました。
月曜日の7時間目は全学年道徳です。

1年生は、題材「自然教室での出来事」から『節度』『節制』について学びました。

初めての期末テストを来週に控えている1年生にとって、時間の使い方について考えるよい機会になりました。
物語の出来事を自分自身に置き換え、これからどのような生活を送りたいか自分が目指すタイムスケジュールを考えてみました。
また、この話が蓼科山での話なので、担任のマイケル先生の趣味である山登りにあわせて、蓼科山での経験談を話してくれました。











2年生は、題材「違うんだよ、健司」から『友情』『信頼』について学びました。

授業を通して、活発なディスカッションが進んでいる様子でした。
「信頼し、励まし合えるような友人関係を築くためにはどんなことが大切か」という問いかけには「傷つくことを言わない」という意見のほかに「思ったことを言ってもらう」という意見が出ました。担任の先生からは「言ってもらう」というのは自分が傷つくこともあるからすごいことだというコメントがありました。











3年生は、題材「僕の物語 あなたの物語」から『公正』『公平』『社会主義』について学びました。

この物語は人種差別に関する話ですが、問題に対して深く考えている様子でした。
「なぜ人種や肌の色で人を判断しないことにするのか」という問いかけに対して「相手が傷つくから」「人種や外見が全てではないから」「内面は知ることができない」といった鋭い意見が飛び交っていました。
授業の最後にはいくつかの事例に関して、「あってよい違い」「あってはならない違い」について話し合いを進めていました。グループ内で違う意見が出たこともありましたが、しっかりと相手の意見を聞き、受け入れる姿勢もみられました。



















ページの先頭へ